卯月はここで考える。

夢は歌手と小説家。ひきこもり卯月の変化の記録です。

MENU

【羽化エピソード⑥】ただ隣で見てるだけ。

こんばんは、卯月です。

 

セミの羽化エピソードも今日で第六回目

後半に差しかかってきました。

 

↓今までのお話

udzuki27.hatenablog.com

udzuki27.hatenablog.com

udzuki27.hatenablog.com

udzuki27.hatenablog.com

udzuki27.hatenablog.com

 

昨日は辛いところだったけれど、まだセミ太郎の命は続いています。

これから続きのお話をします。

 

ここでおわるセミ太郎じゃないよ!

……それは初めから彼の瞳が語っていたんだ。

 

f:id:udzuki27:20200814131038j:plain

 

 

前回までのあらすじ

セミの羽化する瞬間を見たいと思っていた卯月の目の前に現れた一匹のセミの幼虫「セミ太郎」

地上に出た時、彼はとても弱っていましたがなんとか羽化に成功。

 

しかし、これで飛び立てると思って見ていた矢先。

セミ太郎は抜け殻ごと高所から落下してしまいます。

 

まだ羽が伸びてもいないので、飛んでいくこともできません。

彼はこれからどうなるのでしょうか。。

 

まだ身体もやわらかいのに……

……動けるのは自分だけかい。

 

まだ生きてる!

わたしその時放心状態になっていました。

セミ太郎を応援していた間ずっと張りついて見ていたので、落下した瞬間も正面から見てしまって。

ショックでなにも考えられない状態。

 

だけどよく見ると、ひっくり返ってるセミ太郎の足は動いていました。

 

まだ生きてる!

でも、どうしたらいいんだろっ!?

 

あんまり頭が働いていなかったので、結果。

わざわざそこに家族を呼びつけるっていう。笑

 

いや、自分でなんとかできたらよかったけどむりで。

それで助けてもらいました。

 

その時のわたしにはそれしかできなくて

……それはまた事実でしかない。

 

ただ隣で見てるだけ

結局家族がセミ太郎を連れて、彼が掴まれそうな我が家の自転車のカゴまで連れて行ってくれました。

 

移動の間は家族の素手につかまっていたのですが。

その間も彼は本能的に上に上にと腕を登ろうとしていて、胸がじりじりしました。

 

でもそんな偉そうなこと言える立場ではないことはわかっています。

そう。わたしはただ隣で見てるだけ。

ほんとうの所、こわくてセミ太郎に触ることができませんでした。

 

それはあれですよ。

虫が気持ち悪くてむり的なのじゃなくて。

 

生の命に触れるってことが恐ろしくてしょうがなかったんです。

自分の手のひらに死にかけの命がかかってしまうという状況を受け入れる勇気がなかったんです。

 

わたし、ほんとに勇気がなかったな……

……ボクらまだ足を踏み出したばかりだから。

 

まとめ

はい。ということで。

今日は羽化エピソード⑥としてセミ太郎救出のお話でした。

 

もう自分が情けなくってしょうがないです。

あんなに応援しておきながら、いざ目の前にピンチが来たらなんにもできないって。。

なんて軟弱。度胸なさすぎ。もうやだ。

 

次回はそれについて思ったことを話します。

よかったらまた明日も。

 

わたし昔のことを思い出したの

……時に遥かな点が繋がる瞬間が訪れるんだ。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。

以上、卯月でした。 

 

 

気が向いたらぽちっと応援お願いします♪
いつもありがとう
もふもふ

 

 

【羽化エピソード⑤】そんな……そんな……。

こんばんは、卯月です。

 

セミの羽化エピソード第五回目

こちら第十回目まで続く予定なので、今日でちょうど半分になります。

 

↓今までのお話

udzuki27.hatenablog.com

udzuki27.hatenablog.com

udzuki27.hatenablog.com

udzuki27.hatenablog.com

 

今日の内容を話すのは正直辛いです。

でも、セミ太郎のことをちゃんと伝えたいと思ったので話します。

 

ちょっと悲しいお話なの

……それもまだ道半ば。

 

f:id:udzuki27:20200813152519j:plain

 

 

前回までのあらすじ

セミの羽化する瞬間を見たいと思っていた卯月の目の前に現れた一匹のセミの幼虫「セミ太郎」

 

時間外れの夜に土から出てきてしまい完全に弱っているセミ太郎でしたが、なんとか壁のてっぺんまで登りきります。

 

(追記)ごめんなさい!セミの出てくるのは夕方とか夜で合ってたみたいなので、時間外れではありませんでした。わたし勘違いしてました。これからはもっとよく研究してからお話します。反省中。

 

そして、ついに彼は羽化を果たしました。

 

あとは羽を伸ばすだけ!

……飛躍までもう一歩だね。

 

そんな……そんな…… 

無事に羽化することができたセミ太郎。

わたしはその羽が伸びる様を心の中で応援しながらまじまじと観察していました。

 

あと少しでセミ太郎も空に飛べるんだなって思って。

感動でいっぱいだった矢先。

 

ぼたっと鈍い音が響きました。

それはセミ太郎がつかまっていた抜け殻ごと地面に落下した音でした。

 

え……

……。

 

共存できなかったってことなの?

白くってやわらかい身体が地面に叩き付けられた音。

耳から離れませんでした。

わたしはただそこで呆然と立ち尽くしていました。

 

セミ太郎が登っていたのは人工的に作られた壁だったんです。

だから、ふつうの木に登るのとは訳がちがって足場の引っかかりがどうしても弱い状況でした。

それで、わずかな動きでその抜け殻が離れてしまったようでした。

 

もしも彼が登っていたのが木の幹だったらこんなことにはならなかったかもしれないって何度も考えました。

でも、目の前のセミ太郎は地面にひっくり返っているまま。。

 

人間が作ったものがこんな風に生き物を傷つけてしまうことがあるんだって。

痛々しい惨状を目の当たりにしてはじめて「共存」の意味がわかりました。

 

もうやだよ……

……それすら含めた自然でもあるが。

 

まとめ

はい。ということで。

今日は羽化エピソード⑤としてセミ太郎の落下についてお話ししました。

 

すごく高いところから落ちて、でもセミ太郎、実はまだ生きています。

卯月もこれから動きます。

 

続きはまた明日です。

 

そのまま置いてはいけないもん!

……それがどう運命を動かすのか。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。

以上、卯月でした。 

 

 

気が向いたらぽちっと応援お願いします♪
いつもありがとう
もふもふ

 

 

【羽化エピソード④】そこで奇跡が巻き起こる。

こんばんは、卯月です。

 

今回はセミの羽化エピソード第四回目

 

↓今までのお話

udzuki27.hatenablog.com

udzuki27.hatenablog.com

udzuki27.hatenablog.com

 

今日は奇跡の瞬間を写真付きでお届けします。

 

……という事は。

そう!ついにそゆことなんだよ!

 

f:id:udzuki27:20200812134523j:plain

 

 

前回までのあらすじ

セミの羽化する瞬間を見たいと思っていた卯月の目の前に現れた一匹のセミの幼虫「セミ太郎」

時間外れの夜に土から出てきてしまい完全に弱っているセミ太郎を応援していると、彼の足音が本気にチェンジ。

 

(追記)ごめんなさい!セミの出てくるのは夕方とか夜で合ってたみたいなので、時間外れではありませんでした。わたし勘違いしてました。これからはもっとよく研究してからお話します。反省中。

 

それからセミ太郎は壁の一番てっぺんまで登り詰めたのでした。

奇跡の瞬間はその先に。

 

奇跡ってほんとにあるのかな!

……真理に叶う事は全て地上で起こり得るよ。

 

アリとの関係が大逆転 

壁の一番上に辿りついたセミ太郎は、まずそこがてっぺんだということを確認して、それから体勢を整えはじめました。

足を動かしながら少しずつ移動を繰り返し、ある程度体勢を整えた後あまり動かなくなりました。

 

まだ土の上でもがいていた時は彼、アリの大群に襲われていたのに。

そこでまたアリが近づいてきた時に今度はアリがセミ太郎におびえて逃げていきました。

 

生命力ってこういうことなんだなって。

思いました。

 

きっとアリは生きる強さをわかってると思うな〜

……それもまた彼らの生きる道だろう。

 

アメみたいにつやつやと

だんだんと動きが鈍くなっていくセミ太郎。

身体の色も気がつけば透明感のあるアメのような感じになっていて、たしかに中身が別に入っているという雰囲気が出てきました。

 

左右の部分の色が薄くって、その部分には羽があることが感じられます。

少しずつ、でも確実な変化でした。

 

それからもうしばらく経つと、今度はセミの抜け殻を彷彿させるような質感に変わっていきます。

やわらかそうではあるのですが、アメのような状態よりは少し乾燥しているような。そんな感じ。

 

そして、羽化がはじまりました

 

きたーーーーー!

……やっとその時が。

 

奇跡の瞬間

ようやくその時が訪れました。

動かなくなってから少し経つと、背中の部分にうす緑の線が入って見えてきました。

 

はじめはとても細い線で、見間違いかと思うほど。

けれどだんだんとその線は太くなっていきます。

 


f:id:udzuki27:20200812143118j:image

f:id:udzuki27:20200812143109j:image

f:id:udzuki27:20200812143115j:image

 

透きとおったオフホワイトと蛍光塗料のようなうすいグリーン。

その両方の色をあわせ持つ身体はまだとても柔らかそうで、中の臓器の色が透けていました。

 

その身体はゆっくりと抜け殻から飛びだして、天を仰ぎ見るかのように背中を逸らせていきます。

 


f:id:udzuki27:20200812143351j:image

f:id:udzuki27:20200812143346j:image

 

ねぇすごい!!!

ねぇすごいよセミ太郎!!!

 

徐々に羽を伸ばしていく姿は奇跡としか言いようがありませんでした。

 

もう目の前でなにが起こってるのかわかんなかったよ!!!

……それはボクらの未知。

 

まとめ

はい。ということで。

今日は羽化エピソード④として奇跡の瞬間のお話をさせていただきました。

 

この羽化に至るまでわたし二時間くらいずっと張りついていたんですよ。

だから、本当にこんな奇跡があるのかって。。

正直本当によくわかりませんでした。

 

でも、地球ってそんな奇跡が起こりうる場所なんだってこと。

それを見たことは、ものすごく胸に迫ってくる何かがありました。

 

みんなにもこの気持ちが伝わってたらうれしいな♪

……それはボクらの星の物語だから。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。

以上、卯月でした。 

 

 

気が向いたらぽちっと応援お願いします♪
いつもありがとう
もふもふ

 

 

【羽化エピソード③】上へ上へと登っていく。

こんばんは、卯月です。

 

本日はセミの羽化エピソード第三回目です。

 

↓あらすじも話すけど。読んでない方は是非に。

udzuki27.hatenablog.com

udzuki27.hatenablog.com

 

本気になったセミ太郎が壁を登ります。

 

……その名前に決まったんだ。

心の中でずっとそう呼んでたから!

 

f:id:udzuki27:20200811141557j:plain

 

 

前回までのあらすじ

セミの羽化する瞬間を見たいと思っていた卯月の目の前に現れた一匹のセミの幼虫「セミ太郎」

時間外れの夜に土から出てきてしまい完全に弱っているセミ太郎をわたしは応援することを決めました。

 

(追記)ごめんなさい!セミの出てくるのは夕方とか夜で合ってたみたいなので、時間外れではありませんでした。わたし勘違いしてました。これからはもっとよく研究してからお話します。反省中。

 

必死にもがきながらも、それでも羽化を目指すセミ太郎を応援し続けると。

ふと、セミ太郎の足音が、周りの空気が変わりました。

 

彼の本気のはじまりです。

 

これからどうなるでしょ!

……進もう。

 

上へ上へと登っていく 

一歩二歩と壁に登ろうとするのですが、すぐに落ちて逆さまになってしまっていたセミ太郎。

ただ、本気になってからは違いました。

 

一歩二歩と登り、三歩四歩と登り、五歩六歩と登り、七歩八歩と登り。。

さっきまですぐに落下していたのが嘘のように、上へ上へと登っていきました。

 

それまで応援の言葉を話し続けていたわたしも、その力に圧倒されて黙って見守っていました。

ゆっくりと、でも確実に壁を登っていく姿は圧巻でした。

 

↓命の姿をよくよく見てください。

f:id:udzuki27:20200811143904j:image

 

光に照らされて輝いているでしょう?

……彼は光の方に進んで行ったんだ。

 

そして到頭天辺に

壁を登って登って、そして到頭天辺に到着しました。

壁の一番上まで、セミ太郎は自分の力で登りきったんです。

 

もうわたし頭では考えられませんでした。

ただ、羽化しようとするセミ太郎を凝視して、そこで鳥肌を立てておりました。

 

ついにてっぺんに着いた!

……ここからが本番か。

 

まとめ

はい。ということで。

今日は羽化エピソード③として壁を登るセミ太郎でした。

 

果たしてセミ太郎は羽化することができるのでしょうか。

次回。乞うご期待。

 

羽化まであとちょっと!

……物語はまだ10分の3だという事、忘れずに。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。

以上、卯月でした。 

 

 

気が向いたらぽちっと応援お願いします♪
いつもありがとう
もふもふ

 

 

【羽化エピソード②】本気は足音でハッキリわかった。

こんばんは、卯月です。

 

昨日から「命に触れる」というテーマではじまったセミの羽化エピソード。

本日は第二回目です。

 

↓第一回目はこちら

udzuki27.hatenablog.com

 

セミが本気になった瞬間のお話のはじまりはじまり。

 

……それじゃ、行こうか。

レッツゴー!

 

f:id:udzuki27:20200810140011j:plain

 

 

前回までのあらすじ

前の記事を見ていらっしゃらない方もいると思うので、まずはざっくり内容を。

 

夏になったらセミの幼虫を見たいと思っていた卯月の目の前に、1匹のセミの幼虫が姿を現しました。

しかし、それは早朝に土から出てくるはずのセミとしては珍しい夜の時間のこと。

例外的なものを感じて見てみると案の定、セミはとても弱っていて正常な状態ではありませんでした。

 

(追記)ごめんなさい!セミの出てくるのは夕方とか夜で合ってたみたいです。だからセミ太郎はふつうに弱ってただけ。わたし勘違いしてました。これからはもっとよく研究してからお話します。申し訳ない。

 

けれど、目がまだ生きていて。

その瞳を見て卯月はこのセミが羽化する瞬間を見届けようと決意しました。

 

……一先ずセミの観察を開始した訳だ。

今日はその続きだよ〜

 

言葉の力って大きいと思ったから

まわりにはアリが群れてるし、ちょっと歩いてはひっくり返ってしまうくらい足取りはふらふらでした。

しかも、ひっくり返ってもがいている姿がとても痛々しくて見ていられません。

 

高いところを目指しては、一歩二歩登ったところで落下してしまうような。

そんな状況でした。

 

なので、わたしずっとセミの幼虫に向かって話しかけていました

自己啓発セミナーを一人で開催しているような感じで「この世には乗り越えられない試練は訪れないんだよ。だからあなたは今とても大きな意味のある戦いをしているんだよ」みたいな。

 

いや、ちょっと変なひとだったかもしれませんが。笑

命かけてがんばっているセミの幼虫を前にしてそんなことはどうでもいいですよね。

 

それに、気力を失いかけて身体の色が濁っていくセミの幼虫が、たしかに言葉のエネルギーで生きることを止めなかったような気がするんです。

 

そして三度目くらい壁から落下した後。

ふと、セミの足音が変わりました

 

わたし言葉の力って大きいと思うの

……僅かな波間に力が籠るんだ。

 

本気は足音でハッキリわかった

セミの足音が変わること、この時はじめて知りました。

 

卯月は人間もほかの生き物たちも大差はないという考えの持ち主なので、これに違和感はありませんが。

みなさまの感覚としてはいかがでしょうか?

 

でもそれは人の足音と同じように。

わずかに聴こえる枯れ葉を踏み分ける音が確かなものへと変わっていきました。

 

セミ太郎が本気を出したみたいだった!

……ネーミングセンス。

 

まとめ

はい。ということで。

今日は羽化エピソード②としてセミが本気になった瞬間についてでした。

 

これからセミ太郎の本気がはじまります。

次回もお楽しみに。

 

本気のセミ太郎!がんばれ!

……じゃ、また明日。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。

以上、卯月でした。 

 

 

気が向いたらぽちっと応援お願いします♪
いつもありがとう
もふもふ

 

 

【羽化エピソード①】夜時間に現れた命の行方は。

こんばんは、卯月です。

 

今日は8月9日ですね。

長崎原爆投下の日であります。

 

広島の前の時は平和についての想いを話してみたのですが、なにせ8月は命にまつわること多いじゃないですか。

(戦争とかお盆とかお祭りとか)

 

↓8月6日のお話

udzuki27.hatenablog.com

 

ただその度にそういう話をするのは粋じゃないので、今日から10日間は全く別の方向から「命に触れる」というテーマで連載していこうと思います。

 

どうぞお付き合いくださいませ。

それでは今日は第一回目として、お話をはじめます。

 

命の価値を感じてもらえるお話になる予定です!

……日々流れていては命を忘れてしまうだろうから。

 

f:id:udzuki27:20200809155152j:plain

 

 

セミの幼虫を見つけました

前にわたしセミについて記事で話したことがあって。

 

↓この記事です

udzuki27.hatenablog.com

 

そこでも言っていたことなんですけれど。

わたしの中にはセミが羽化する瞬間というものを見てみたいという想いがありました。

 

真夏でセミが多くなってきたら早朝に起きて探してみようかなって。

そんな風に思っていた矢先、夜なのにたまたま見つけてしまったんです。

土の上を歩いているセミの幼虫を。

 

↓(追記)この子です

f:id:udzuki27:20200810213557j:image

 

ずっと見たいと思っていて、それが目の前に現れて。

こんなラッキーなことってある!?って喜びながら軽い気持ちでわたしはその観察をはじめました。

 

ただ、実際にその姿を見ていたらそれはそんなに生やさしいものではなくて。

今日から10日間にかけてお話するのはそのセミのお話です。

 

わたし本当に気軽に見つけてしまったの

……ただ見なければならないと感じたのだろう。

 

見届けることを決めました

さっきも言いましたが、セミって基本的に羽化するために土から出てくるのは早朝だと言われています。

だから、夜に地上に現れるっていうのはちょっと例外的かなって薄々気がついていました。

 

(追記)ごめんなさい!セミの出てくるのは夕方とか夜で合ってたみたいです。だからセミ太郎はふつうに弱ってただけ。わたし勘違いしてました。これからはもっとよく研究してからお話します。申し訳ない。

 

それでよく見るとやっぱり、その幼虫はとても弱っていました。

まだ生きているのに、幼虫のまわりにはアリがたかっていたんです。

 

けれど、何度もひっくり返ったりしてボロボロなのに必死で羽化するための高い場所を探しているようでした。

そして、身体はとても弱っていたし通常よりもサイズが小さかったのですが、目に光が宿っていました。

 

なので、卯月はその瞳を見て決めました。

このセミが羽化するまで見届けることを決めました。

 

その目が特別だったから!

……目は心の鏡。

 

まとめ

はい。ということで。

今日は羽化エピソード①としてセミとの出会いをお話しいたしました。

 

「命に触れる」というテーマにしたので、少し痛々しいところもあるかもしれませんが。

弱ってボロボロのセミが一体これからどうなっていくのか。

気になった方はぜひ本日から10日間よろしくお願いします。

 

それではまた明日、今日の続きを。

 

わたしあのセミのことをみんなに伝えたい!

……それが届く声だといい。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。

以上、卯月でした。 

 

 

気が向いたらぽちっと応援お願いします♪
いつもありがとう
もふもふ

 

 

パフェ行きの裏話をしましょっか。

こんばんは、卯月です。

 

昨日はパフェのお店レポートをしましたが、楽しんでいただけたでしょうか?

 

↓まだ見てない方はぜひ♪

udzuki27.hatenablog.com

 

その記事の中では食レポらしくかなりノリノリで話していたのですが、なにせ卯月はひきこもり。

外出っていうのは色々と精神が揺さぶられることが多いんですよね。

 

なので、今日はパフェを食べに行った裏話的な感じで。

ひきこもりという観点からお話ししていきたいと思います!

 

目標通りちゃんと完食できたよ!

……昨日写真を載せていたね。

 

f:id:udzuki27:20200808172209j:plain

 

 

どの席になるかが勝負

まず。お店に入るまではいい感じに行ってこられました。

そこで重要なのが席。

どの席に案内されるのかっていうのが超重要なんです。

 

四方八方をお客さんに挟まれたど真ん中の席とかに案内されてしまった暁にはもう。

頭がパンクしそうになります。

 

でも今回は超ラッキーでした。

お店の一番奥のすみっこの席。しかも窓側でまわりには人がいないという最高のポジション。

 

ひとまず、安心して着席することができました。

 

わたしいつも運がすごくいいんだよね〜!

……まるで何者かに守られているよう。

 

おいしいって正義かもしれない

いつもだったら食べている間も緊張していることが多いし、なんなら店員さんが近づいてくるとかもいやなんですけれど。

 

今回パフェがものすごく食べたかったので、パフェに意識が集中していたようで。

 

↓パフェをとても食べたい気持ち

udzuki27.hatenablog.com

 

なにこのパフェかわいい!甘い!おいしい!

とか思ってたらリラックスして食べきることができました。

 

おいしいって正義かもしれない。。

卯月のこわい気持ちに今回おいしさが勝ちました。

パフェすごい。笑

 

おいしいもの作るひとってすごいよなぁって改めて思った♪

……笑顔を作る事とも知れる。

 

これは少々どんくさすぎました

それで無事パフェを完食していざ帰宅ってなった最後にやらかしました。

 

お店のドアが透明で、自動ドアっぽかったんです。

だから、卯月お店に出る前の店内のところでドアが開くのまってて。

でもなかなか開かないんですよね。

 

あれ?おかしいな?って思いながらもちょっと待ってたら、ようやく気付きました。

自動じゃなくて手動ドアだった。。笑

 

お店のひともいる目の前で、手動ドアが自動で開くのを待ってたひと!

正直めっさはずかしかったです。

 

入る時は自分で開けたはずなのに、なんで自動だと思ってたんだろうわたし。

こういう細部に外出慣れてない感がにじんでしまうんですよね。。

 

これからはもうちょっとスマートに行動できるように心がけたいと思います。笑

 

……敏感さと鈍感さのバランスが。

それあるかもな〜
もうちょっと気をつけてみる!

 

まとめ

はい。ということで。

今日はパフェ行きの裏話をしてみました。

 

最後にださい状態だったのはさておき、全体的には外食ができたという自信につながった気がします。

この調子でちょっとずつ社会復帰を目指したいところです。

 

焦らずに行きます。

 

ちょっとずつがんばるぞ〜!

……頑張る事が全てでは無いよ。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。

以上、卯月でした。 

 

 

気が向いたらぽちっと応援お願いします♪
いつもありがとう
もふもふ